結婚指輪に必要なのはデザイン性、それとも機能性?

さりげないけれど気になる結婚指輪、選ぶポイントは?

左手の薬指に輝く結婚指輪は、日常とてもよく目にするアクセサリーです。にも拘らず、たとえ見知らぬ人の指輪であっても、見るとはなしにどんな指輪かしらと気になります。見慣れているものの見過ごせない、またさりげなく人目を引いている、そんな結婚指輪。どんなものを選ぶのか、トキメキつつも迷う所です。
結婚指輪は婚約指輪とは違い、結婚してからは毎日身につけるものなので、生活の邪魔にならない、装飾を抑えたシンプルなデザインが好まれる傾向があります。サイズも、自分の指にきちんとフィットしているものであることが大切です。さもなければ、紛失などの残念なトラブルの原因になりかねません。また、二人のいつものファッションや雰囲気に似合うかどうかも、選ぶポイントになりそうです。

毎日のものであるからこそ、デザインも楽しみたい!

毎日身につけるものなので、自分の指に心地良いものであることはもちろん、そのデザインも外せません。身につけている事が自然な華奢な感じの細いもの、またカジュアルなファッションになじむ幅広なものなど、アームにもいろいろな種類があります。そのほか、ダイヤモンドをフラットに留めたものや、リングの内側に二人だけのメッセージを刻んだもの、誕生石などのシークレットストーンを忍ばせたものも素敵です。ちょっと気をつけたいのは、デザインが複雑になると、その後のサイズ直しが難しくなる場合があるという事です。また、金属アレルギーに対応するような、希少金属の指輪にもその傾向があるので、購入前にお店にきちんと確認しておきましょう。
手元を見るたび、この指輪で良かった!と思えるような結婚指輪だったら、こんな嬉しい事はありません。そんな指輪を二人で確かめ合いながら、永遠の絆を深めていって下さいね!